indexSims 4Blogger
ANTM Cycle10 e1~7
現在このブログではANTM関連記事の更新はしていません
新しいブログで更新中です


136699906459114.jpg

C10始まりましたね~♪
ってか、まだC10かぁ 10サイクル遅れてますから
C20までサクッと一気に放送して欲しいものです。
野球枠なんぞ無くしてしまえ!

ANTMのあらすじ&レビュー記事を久しぶりに書いていこうと思います。
C6の続きとC7もそのうちに

全サイクルの画像を見まくっていたので
たぶん優勝者も見てしまってる気が…。
なるべくこのサイクル内でのネタバレはしない進行のつもり。
C10すべてのエピソードをこのURLに書き足す予定です。

かなり長くなってしまったので記事を分けました


Line-2.gif

【EP-1】

過去映像なつかしー!!
タイラさん若い!
C5リサかわいい♪ けど今の方が好き
そしてロビン様
アスペ比おかしい感じだけど過去サイクルかなり好き♪


そして、C10の始まり~♪

今回はC9で予選落ちしたマルヴィータがリベンジ。

セミファイナリスト35名が集まった予選会場でジェイズの登場です!
きゃ~やっぱりジェイズは好き♪

今回はトップモデル学園との事で
まずはロッカールームで制服に着替えて学生証の写真撮影です。


その後は「ランウェイLOL」
制服でバックパックを背負ってのウォーキング。
服装&靴がラクだからか、みんなそこそこ歩けてますね!
おっと!ドミニクが出てるサイクルかぁ。若い(いろんな意味で)

そして、グランドでのボンファイアー!!
なんだかシムズuniv.っぽい演出たくさん♪
チアリーダーに迎えられたのですが

なんと!フロンダ、ミシェル&アマンダ、ジェイエル、ジョアニーの5人でした。
トップモデル学園祭の始まり~
今回は戦いの場をLAからNYへ移すとの事。
そしてホームカミングクィーンの発表~!

もちろんタイラですね


そして、個人審査の会場へ。


ハワイなまりのホノルルっ子
モハメド・アリの姪
不思議ちゃん
プラスサイズ
ドミニクはチャキチャキな男顔
(All-Starsの時の方が女性らしくてステキです。そして好きな顔


などなど…。

そして黒人同士のキャットファイト。
黒人も幅広いし、白人にもアジア人にもいろいろいるのよね。

ステイシーはめちゃめちゃ陽気なC6ダニエルって感じ。
ソマリア出身の子はイマン系。
子供の頃には時代錯誤な慣習によりヒドイ通過儀礼を経験したとか。
それにしても世界中には恐ろしい慣習が受け継がれているものです。

クレアはtheLwordのマリーナに似た感じの顔。そしてママなのだとか。

その後は退学者(脱落者)が決定。

そして、卒業記念写真の撮影へ。
各自でヘアメイクをせよ!と。
衣装はチューブトップにファーのストールを自由に使います。

そしてジャッジ3人による写真審査の後、
ファイナリストの発表です。

13名が決定したところで…
「13は縁起が悪いので」って事でファイナリストを1人追加。
最後に選ばれたのはドミニクでした!


アリソン

ファティマ

カタジーナ

キンバリー

ステイシー

エイミー(Aimee Wright)

エイミー(Amy"Amis"Jenkins)

クレア

ホイットニー

マルヴィータ

ローレン

アタリヤ

アーニャ

ドミニク

14人でNYに乗り込むわよ~!!


Line-2.gif

【EP-2】

NYで共同生活の始まり~!

今回はエイミーが2人いるので、1人が「エイミス」に呼び名を変えることに。
わたし的にはこちらのエイミスの方が好きな感じだわ

そしてメッセンジャーがやってきてタイラメール

初期サイクルのNYの時と違って
広くてモダンな感じのアパートメントですね~

そしてノースモーキングサインが!
喫煙が問題視され始めた頃でしょうか。
自分の身を滅ぼす事をやるのは自由ですけど
喫煙だけは副流煙でまわりの人にも影響を与えてしまうのですよね

そして、Mr.&Miss.Jが登場!美しい
バスに乗って市内観光…と思いきや…


なんと!タイムズスクエアで
Badgley Mischkaのランウェイショーをするのだという。



マルヴィータはガチガチだったようで、ひどいウォーキング。
他の子たちはイイ感じ?と思ったけど
やっぱり人それぞれな感じですね~

いざこざありながら
アパートメントに戻るとタイラメール!
「初対面の人にはイイ第一印象が大事よ」と。

次の日、モデル・エージェント「elite」へ
そこでモデルの素質があるかをみられるのだと言う。
ポーリーナ・ポリスコワの登場~
「批判に慣れよ!」と。
肌がキタナイとか…ドラッグクィーンみたいだとか…

その後は、FABCABに乗って写真撮影へ
撮影のテーマは大きな社会問題である「ホームレスの若者」
アメリカだといろんな問題でけっこういたりするのよね。
いろいろあったとしても日本はかなり恵まれているのだと思う。

ホームレス施設に住む(?)バックのモデルさん達はハイファッションで
コンテスタント達はストリートファッションをするのだという。

あれ?Isisが出てる!あのIsisだよね?
※(その後、C11とAllStarsに出場
撮影中Mr.Jayの目にも留まってましたね~

そしてスタンww
ドミニクがドラァグリシャスなのを気にしていると

「僕もよくオトコに見られるよ」と。

※余談ですが、スタンの画像を探していたら
最近の活動の写真がガッツリ出てきて
トキメキまくってしまいました




アーニャ

クレア

ホイットニー

ローレン

エイミー

ファティマ

マルヴィータ

カタジーナ

ステイシー

ドミニク

アリソン

エイミス

アタリヤ

キンバリー


そして審査の日
今回からジャッジにポーリーナ・ポリスコワが加わります。
彼女のさりげなくズバッとした物言いが好き♪

そこでキンバリーが問題発言
「興味がない」とか…一番言っちゃイケナイ言葉よね。
あっさりGo home
写真は良かったのにね~。本人に残る気が無いなら帰るしかない。

その後にはモデルさんとしていくつか活動したみたいですね。

まあ、このサイクルは14人スタートだったしね
さらに1人が脱落することに。

1st Callはアーニャ

そしてアタリヤが脱落
化粧した顔はけっこう好きだったんですけどねぇ。

その後もモデル活動しているようですね。


次回はメイクオーバー♪


Line-2.gif

【EP-3】

Apple Bottomsからの服や靴がたくさん入った
白いバッグが部屋に届くと、ほとんどの子は大はしゃぎ♪
普段はスニーカー&ジーンズ的なローレンは
ヒールには慣れない様子。
そして、はしゃぐ子達に冷たい視線をおくってブーたれてるアリソン
モデル経験があるので自信満々上から目線的な感じ?
どうやら摂食障害だったらしく、
ファティマの「わたしよりオシリでかいね」発言でサイズを気にし始めてしまいます。
アリソンもアレだけど、ファティマも空気読まない系かも

そしてタイラメール
「トップモデルならどんな事態にも対応できないとね!」

朝の5時にリモで出発して向かった先はWAL★MART。
急なオーディションにも対応できるように…との事で
CoverGirlの売り場でメイクアップチャレンジ。
5分間で透明感のあるナチュラルメイクをせよ!と。
リップ・リキッドファンデ・マスカラの製品を必ず使用します。

普段メイクもしないローレンはゴシゴシ塗ってました
外見的にはカワイイ系っぽいアリソンは…実はかな~りBit**かも。

チャレンジWinnerはクレア
ご褒美はWAL-MARTウェブサイトのCoverGirlページに写真が使われるとの事。

アパートメントに帰ると何人かは真剣な話をしています。
ドミニクとクレアは子供がいるので、それだけ真剣に取り組んでるそう。
優勝にかける意気込みが違うのだという。
そしてドミニクは父親の役割もしているのだとか。
恋人や配偶者から虐待を受けた人達に希望を与えたいと。

そして他の部屋ではアリソンがまだ根に持っていました。
何かのスイッチ入っちゃった感じですかね~


そして、メイクオーバー♪
Mr.&Miss.Jとタイラの登場~
このCのタイラはすごくステキね

今回はNY流ってことで、事前にスタイルは知らせずに
出来上がってからのお楽しみ!


アーニャ

プラチナブロンド
 

ホイットニー

ロングブロンドエクステ

エイミー

前髪アリのレッドヘア
 

マルヴィータ

サイドは短いままエクステでタテガミ

ローレン

ロングブロンドのエクステ
 

カタジーナ

ダークヘア

クレア

片側刈り上げ→両側刈上げてブロンド

ファティマ

明るいオレンジ→栗色ロングエクステ
 

アリソン

黒髪→明るいブラウン
 

ドミニク

ロング→ショート

ステイシー

顔の骨格を活かすベリーショート 

エイミス

ブロンドのロングエクステ


そしてMiss.Jは、↑このとおり

今回は、ロングのブロンドが多いような。
わたし的には…
クレアのスタイルはかなり好き♪
ドミニクはロングの方が好きだなぁ。


エクステを縫い付けるのが痛くて苦戦するファティマに
アリソンが冷たい視線を… ←こーゆー子いるよね

ファティマの出来上がりにスタンがアンビリーバブロゥ~


部屋に戻るとタイラメール
そう言えば、この頃からデジタルメールになったのかなぁ…

服もヘアメイクも手に入れたので
「次の課題では体を張ってもらうわよ!」と。

撮影の日
ブルックリン・ブリッジの前で
ボートに乗ってNYの街をバックに撮影するのだそう。

フォトグラファーはC2の水中写真の時のジョージ・ホルツ。

ボートに乗り込むとそこにはエル・マクファーソンが!
彼女がデザインした下着を着ての撮影です。
そして、モデリングの助言もしてくれるという。


ローレン

マルヴィータ

エイミー

クレア

ステイシー

ファティマ

アーニャ

ホイットニー

カタジーナ

エイミス

ドミニク

アリソン

わたし的1位はクレア この感じはかなり好き♪
ローレンはノーマークだったけどメイクオーバー後はけっこう好きかも。
エイミーも目立たない感じだったけど撮影ではイイ感じ。
マルヴィータもカッコイイ系で好きな感じ。
アリソンは勘違い系…。
ドミニクはかなり苦戦していてMr.Jayに広告モデル風だと言われてしまいます。


そして審査の日。

1st Callはローレン

ボトム2は、ドミニクとアリソン。

そして、アリソンが脱落
タイラ:「あなたに足りないものは感謝の心よ!」と。
うん。なんかね、ずっと可愛かった子って感じ。
自信満々ゆえに努力も感謝も必要なかったのかなぁ…と。
Allison Kuehn | Cycle 10
その後もアジア圏などでモデル活動しているようですね。


そして、明らかにメイクオーバー後がイマイチなドミニクは
ヘアカラーを変えるとの事。


Line-2.gif

【EP-4】

ローレンは前回1位だったので自信になったのか
「パンクガールだけど女の子だしキレイでいたいわ!」と。
部屋で思いっきり楽しんでいるエイミスを横目に
ファティマは「私は本気だし毎日必死なのよ!」と。
なんだかアリソンがやってた事とかわらない

そんな時、タイラメール
「情熱の炎を燃やして、さもなくば水攻めよ!」

そして消防署へ向かうと
Miss.Jがポールで降りてきます
ファイヤーハウス・ランウェイ・ティーチ。
消防士なみの早着替えをせよと。

着替えの後、消防士たちが観客になってウォーキング。
ファティマ、ローレン、エイミスはイマイチなウォーキングでした。

部屋に戻るとお決まりの…シャワーの事でモメます
エイミーは着替えで裸になるのもシャワーも人の目が気になってしまう様子。
かばったホイットニーがみんなから総攻撃されてしまいます。
どうやらライバルからしたら気に障る感じの性格の様子!?


タイラメール
「しっかりと準備を整えて!さもなくば出番はなしよ」

チャレンジの場所へ向かうと…
ブライアン・ブラッドリーのショーに出るという。

そして、ゲストとしてC8ジャスリーンが登場
ウォーキングが一番良かったチャレンジWinnerには
ジャスリーンと一緒にセブンティーンの広告ページに載るご褒美が!

まずは3分間で自分1人で着替えをせよ!と。

ホイットニーは着方を間違えたのか胸が出てしまいます。
ローレンは必至顔で早歩きの上にポーズも忘れてしまう。
ファティマはボタンを段違いにかけてしまう。
エイミスも緊張してたのかブーたれ顔でした。

ジャスリーン:「ローレン、本当にモデルになりたいの?」

チャレンジWinnerはカタジーナ
そして、選ばれたエイミスとマルヴィータも同行できます。

4人はLOT29の撮影に


写真撮影日のタイラメール
「ニクらしいほどの気合いを見せて!さもなくばパッキング送りよ」

そして撮影場所の精肉向上へ向かうと
冷蔵室からアイス・クィーン的なMr.Jayが登場
「今日は筋肉モリモリと一緒の撮影だよ!」
「生肉だけどね
なんと生肉を身に着けての撮影です。


アーニャ

ホイットニー

カタジーナ

クレア

ドミニク

ステイシー

ローレン

マルヴィータ

エイミー

ファティマ
エイミス

ローレンは撮影だとイイんですよね~!
アブナイ感じで決めてみたという

ドミニクは髪色を少し明るくしてスタイリングもマシになった様子。
そしてものすごく好きな感じ

わたし的にはエイミスの横顔は好きなのだけど…


そして審査の日。

エイミスは寝坊しつつ、ヘッドバンド&ロックな風貌で審査に行く様子。
さすがに普段言わない子も引き気味でした。
タイラからも「あなたらしいけど、この場には不適切よ!」と。

1st Callはアーニャ

タイラ:「ローレンのウォーキングさえ良ければ最初に呼んでたわよ」と。

ボトム2は、ファティマとエイミス

エイミスに対してタイラは「本当にモデルになりたいの?」と。
緊張するとおどけてしまう性格のようだけど
さすがに現場の態度に真剣味を疑い始めていると。

ファティマに対してはイマンの再来のような見た目だけど
美しいだけなのかも?と。

そしてエイミスが脱落
個性的で好きな感じだけど
トップモデルとしてはどうかなぁと言う感じですかね。
わたし的には好きな感じだったので残念

その後はいくつかテストショットをしたみたいですが
スタイリングキャリアに専念したとか。


Line-2.gif

【EP-5】

前回ボトム2だったファティマは練習に励み
順位が上がったドミニクは自信に満ちあふれます
そしてホイットニーが文句をたれる…と。

マルヴィータは過去の経験のトラウマか「恋はしない!」宣言。
その周りはわりと仲良さげに談笑してる感じです。

ステイシーが「食べると太るから…」と言うと
ホイットニーは「わたしはデブではなくてカーブがあるだけよ!」と。

確かにホイットニーはモデルとしては大きいのだろうけど
完全にAmerica'sリアルサイズと言うか、バランスのイイ大き目って感じ?
(写真は修正されてるのかもだけど)
女優さんなんかにいるタイプですかねぇ。
あの自信満々な感じは一緒にいると気に障るのかも
ファティマが言ってた通り高飛車チアリーダー・タイプですかね。

そしてタイラメール

「モデルのABCは身につけたわね、次は3つのCを学んで!」

古い倉庫へ向かうと、ポーズをとるモデル達が…
モデルでスカンジナビアNTMのホストでもあるヴェンデラと
ベニー・ニンジャの登場!
「3つのC」のポージングを教わります。
・コマーシャル(Commercial)
・カタログ(Catalogue)
・クチュール(Couture)

そして部屋では電話の事でモメます
ドミニクとホイットニーが衝突。
ドミニクもドミニクだが、ホイットニーは感じ悪い


そしてタイラメール
「戦いの時が来たわ、負けないようみんなの前でビシッとキメて!」

ブルックリンのストリートに行くとヴェンデラが。
そしてベニーとドラッグクィーンたちがポージングをしています。
2組に分かれてポージング対決。

勝ったチームはご褒美にギフトラウンジ(swag tent)へ行けるという。
さらに勝者1人にはスペシャルご褒美が。

まずは、ドミニク VS クレア
わたし的にはどちらも好き♪
またドラッグクィーンと言われてたけど

Team A Team B Winner
ドミニク クレア 引き分け
ローレン マルヴィータ ローレン
アーニャ ステイシー ステイシー
ファティマ ホイットニー ホイットニー
エイミー カタジーナ カタジーナ


Bチームの勝ち!

ベストポーザーはクレア

そしてBチーム全員でギフトラウンジへ。
チャレンジWinnerのクレアにはボラボラ島旅行がプレゼントされます。

部屋では自分らしく振舞うマルヴィータと冷たい視線のファティマ。
マルヴィータは自信を無くしてる様子。

そしてタイラメール
「LAでは車が欠かせないけど、NYCではコートが欠かせないのよ!」

写真撮影現場にはMr.Jay
今回は上半身のアップを撮影。
ヘアメイクはペイントスプラッシュをするという。

顔は私のウリなのよ~!と自信満々なホイットニーと
撮影現場でもサングラスと帽子で顔を隠して自信なさげなマルヴィータ。

撮影中も自信を無くしてか…見せ方を知らないか…で散々でした。


ステイシー

ドミニク

クレア

アーニャ

ローレン

エイミー

カタジーナ

ファティマ

ホイットニー

マルヴィータ


そして審査の日。

1st Callはステイシー
(わたし的には4位以降かなぁと思うけど

ボトム2は、マルヴィータとホイットニー
そしてマルヴィータが脱落

タイラ:「自分なりに頑張ってても見てる人に伝わらなくちゃ意味がないのよ!」

完全に輝きが無くなってしまってましたね~
(写真はもうちょっと他になかったの?って感じだけど)
なんだかC9のエボニーを思い起こさせる感じの意気消沈感でした。
メイクオーバー後はカッコイイ系になって良かったのに残念


その後もモデル活動しているみたいですね。


Line-2.gif

【EP-6】

リムジン内での話題はエイミーの美肌
彼女は普段と写真の印象がすごく違う。
わたし的にはあまり好みではないけど透明感ある美人さんですね~。

ローレンは審査のあの雰囲気にはまだ慣れない様子。

部屋ではクレアが旦那さんとTEL
子供が恋しい様子ですね~。
そう言えば電話が携帯になったのってこのCあたりからでしたっけ?

クレアと同室のドミニクは目覚まし時計のセット時間を計算できない様子
他の同室の子たちからも不評なところを見ると
なんだか相当マイペース(我が道)な感じみたいですね

キッチンでも口論は続いて…
人の話を聞かないドミニクに対して
ローレンやホイットニーまで口を挟んできて…
もうウザイ感じ
ドミニクもドミニクだが、みんなもみんなだ
わたし的にはドミニクの顔と勝ち気なところが好き♪

そして、タイラメール
「みんな調子が悪いのね だから私が治してあげる」

部屋を出てリモに乗ると運転席にはタイラが!
そして、「2階に上がって着替えなさい」と。

着替えた服は赤の上下

タイラ:「みんなウォーキングが不評よ!」
Ms.Jによるとライウェイの3秒ルールが守れていないのだとか
3秒間はポーズを決めてイケてる自分を誇示せよ!と。

そこでタイラによるウォーキングレッスン。
やっぱカッコイイ~

そんな時タイラが足を痛めた様子?
と思ったら、「こんな風に痛みのポーズをするのよ」と。
その後1人ずつポーズをしていきます。
アーニャ→Fierce!!
ホイットニー→うざいくらいな女優っぷり
ドミニク→ハイファッション
ローレン→まるで依存症の金よこせぽーず

部屋に戻るとタイラメール
「みんなには黙っていたけど 今日のレッスンは課題も兼ねていたの」と。
今日のチャレンジwinnerはアーニャ

ご褒美はナイジェルと1対1で写真撮影ができるとか。

撮影場所に行くとナイジェルとベッドが
なんとヌード撮影だという。

アーニャはすごくキレイね~
喋り方もわたし的にはフツーに思えたり

部屋に戻るとヌード撮影の話でもちきり。
「私はムリ」と言っていたエイミーはモルモン教の家族の中で育ったのだとか。
わりと毎C保守的な子はいるけど…課題的に勝ち残るのは難しいかもね。

その夜ストレスのせいかドミニクが体調を崩し早めにベッドに入っていると
クレア、ホイットニー、ローレンが同じ部屋にいながらドミニクの噂話を。
わたし的にもコソコソする&されるのは好きじゃないけど…
元々どちらが悪いにせよ、3対1でアレはどうかなぁと。
ぉぉっと!クレアも相当なB!tchかも?
それとも裏表なくハッキリした性格なのか
けど、顔は好き♪

翌朝のタイラメール
「トップモデルは仕事に不自由しない」
「調子を外さなければね!」

写真撮影の場所は、ブルックリンのウィリアムズバーグ
マッカレン公園。
Mr.Jay:「ここはライブミュージックが盛んな場所なので
 各自、様々なジャンルのミュージシャンに扮してもらうよ!」と。

フォトグラファーはラッセル・ジェイムズ。

ヘアメイク中、ドミニクのウィッグとスタンのロン毛比べ
ドミニクのママもモデルだったとかで
その写真を思い浮かべてポーズしていたそう。


ホイットニー

(グランジ)

カタジーナ

(エモ)

ファティマ

(メタル・ロック)

ローレン

(ポップ)

アーニャ

(パンク)

ドミニク

(フォーク)

ステイシー

(ハウス)

クレア

(カントリー)

エイミー

(R&B)

雰囲気に合ったスタイルだったり、
意外性を狙ってたりいろいろな感じでしたね~。
わたし的にはローレンとファティマの写真が好き♪

そして審査の日。

カタジーナは写真の髪型の方が似合ってるので
勝ち残ったら切っちゃってイイかもね、とタイラ。

1st Callはホイットニー

ボトム2は、エイミーとクレア
そしてエイミーが脱落

典型的イイ子な感じだったけど
化粧後の顔はわりと好きだったかも。
人生経験を積めばもっと良くなる感じでしょうかね

その後もモデル活動しているみたいですね。


Line-2.gif

【EP-7】

自信満々なホイットニーと
辛口なドミニク
前回イマイチだったクレアは娘の為にもガンバると。

タイラメール
「この街で認められなければ成功したと言えないわ」

みんなでブロードウェイだと予想すると
ドミニクは「私は天性の女優よ」と自画自賛w
(そんなドミニクが好きだわ♪)

そしてコーヒー事件発生


ファティマが「コーヒーを捨てられた」とローレンをとがめると…



ローレンはブチ切れ


ファティマのあのツンとすました表情が余計にムカつくんでしょうかね
ローレンもローレンだが…
まあ、ローレンはそーゆー子だって想像がつくだけイイような…
審査の時のイイ子にしようとしてるキョドり具合もかわいいじゃないのw
彼女は審査のときも素のブチ切れキャラでいった方が良いのになぁ。
カンペキを装ってイイ子ぶってるイヤな女より好き

そして一行はeliteモデルエージェンシーへ
Go-seeですね~!

2グループに分かれて携帯のナビを使って行くとのこと。
「新人はタクシー代など払えないので歩きで移動してね!」と。
このあたりからは地図を見ながら彷徨わなくて良くなったのかね
C9のヘザーが可愛そうすぎましたよね
彼女が電子機器を使用可能だったらカンペキだったのかも
初期サイクルの頃の外国でのGo-seeの訳わからなさに比べたら
完全に安心コースですね。

チーム1:クレア、ドミニク、ステイシー、ホイットニー

クレアが母親モードになって仕切っている様子。

チーム2:ローレン、アーニャ、カタジーナ、ファティマ

携帯を操作しつつ迷いながら先頭を切るアーニャに
ブルックリン出身のローレンが不満げです。


「私はプラスサイズモデルだから他の子達とは活躍の場が違うのよ!フフッ♪」
ってホイットニー…。その自信はどこから…
別撮りインタビューのホイットニーはイヤな感じだわ
そんなにドミニクを責めるのはやっぱり差別的よね。

しかし、現場ではプラスサイズに厳しい様子。

そしてプラスサイズの扱いを差別だとぬかすホイットニー。
もうね、C3トッカーラの時の様なヒドイ扱いで打ちのめしたい

クレアは印象付けようと積極的に質問攻めをします。
けど、ちょっとガツガツしすぎの様子。

ドミニクも気合いが入って眉毛つりあがりまくり。



2チームを比べると
1は自信にあふれたモデルさん
2はちょっと素人さんっぽい感じですね~。

ローレンは相変わらずウォーキングが…ヒドすぎる

Go-seeは素質も必要だけど
デザイナーの好みですからね~

そしてセブンティーンマガジンのアン・ショケットが登場。

チャレンジWinnerはチーム1
中でもステイシーが一番人気だったとか。
ご褒美はセブンティーンの「夏の美容特集」に起用するとの事

そしてチーム1は撮影に向かいます。

部屋に戻るとタイラメール
「私たちに最高の表情を見せてね」
「でも、すぶ濡れになるから覚悟して!」

写真撮影の日、
撮影現場に行くとMr.Jayがウォーキングをしています
そして走りだすと、壁に見立てた障害物にバーン!
パフォーマンス・ショーの一幕を見せてくれました。

ずぶ濡れで透明な膜の上のモデルたちを下から撮影するという。

今回はヘアメイクはしないのだという。
素のままで勝負だよ!と。

まずはクレアから

あうち!首を痛めたかも?
プールのような水中ではなくビニールシート?に顔から行くのは…痛いよね
ジェイが止めたのにね。

ドミニクは動きもあって絶賛!
ローレンはこの撮影はイマイチでしたね~

そして先週の約束どおりカタジーナが髪を切ります。

しかしホイットニーの女優っぷりはすごい。
あれだけ自信を持った感じだとモデルとしては良く見えてくる?


ファティマ

アーニャ

カタジーナ

ホイットニー

ステイシー

ドミニク

ローレン

クレア

この写真はプールとかの水中かと思ってたけど
こういう撮り方だったんですね~


そして審査の日。

ドミニクはどうしてあんなボサボサでヘンな服だったのだろうか…

1st Callはファティマ

ボトム2は、ローレンとクレア

タイラいわく、
「クレアは表情がワンパターン」
「ローレンは審査会場でのキョドった態度がワンパターン」

なんと!クレアが脱落

こんなに早く脱落とはびっくり!
けど、どこかホッとした様子でもあったような
ストレスのせいか、性格はアレな感じだったけど
顔は好きだわ~♪

その後もいろいろモデル活動しているみたいですね。


Line-2.gif




関連記事

♦ タグ: ANTM
[2013/05/28] | ◆ America's Next Top Model | コメント(0)   
<<ANTM Cycle10 e8~13~その後 | ホーム | 【ラニ★シムズ】試さない方がいい理由:初体験>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |



いつも拍手&コメントありがとうございます♪  



copyright © 2010-2017 Lani Sims all rights reserved.