indexSims 4Blogger
できること


1年経ってこの状況の悲しい事実
外部被爆を避ける事は難しいので、内部被爆には注意しましょう

Line-2.gif



現実に起きたことから目を逸らしてはいけない。
無駄な美談や奇麗事はもうたくさん。

「今は戦時中なのだ。油断をしたら流れ弾にやられる。」

ってな言葉をどこかで目にした。
その通りだと思う。

Line-2.gif

随時追記中

ThankyouWorld

まだ小さく余震が続いて船酔い状態の中の人。
日本中&世界中で気の抜けない日々が続くかもしれませんが
そろそろ平常心を取り戻さなくては

シムズプレイヤーさん達が無事である事をお祈りいたします。

(2011.03.17)




震災時、東北地方に居た両親
津波の地域に比べると被害は少なかったのですが
交通手段がまったく無く、身動きが取れなかったのです。
ANAの臨時便や運行を始めた新幹線に乗ろうにも
そこまで行くガソリンが無いのです。
幸い、相乗りで駅まで行くことができ無事に東京へ。
とてもラッキーなケースだったと思いました。
今も身動きがとれない方々がたくさん居る事と思います。

被害が軽く安全な地域に居ながら、
生活用品を大量に買い込む気持ちがわかりません。
その地域にだって買い置きが全く無くて困ってる人がいるかもしれないのに。

終わる時間がわかってる停電に対して文句は言えないはず。
まして停電しなかったならばラッキーですね。
(この停電の計画性があるかどうか別として…)


危険な現場で働き続けている作業員達はヒーローですね。
無駄な人数で頭を下げるだけの人達と同じ扱いではやりきれません。

(2011.03.17)



まさにggrksな記者達や
わざとらしいポーズだけの演技じみた政治家は見る価値が無いし
ニュースやネットでの感情的な言動を目にするのに疲れてる頃…
CNNから「Wake up! Kan」と
海外のメディアにも思いっきり伝わっちゃってるんですよね。
そのあたりからネットでは和む話題も増えてきて
枝野氏もキリッと見えてきちゃうし
NHKのアナウンサーは大人気だし。
感情的・張りつめ過ぎは良くないですね。
こんな時こそ娯楽的なものが必要なのかもしれません。

日本人は強いので、心は時間で癒えるかなぁ…。
そして物はお金で解決できます。
どうか遠隔地域では、いつも通り適切な経済活動を!
被災地のためには適切な行動を。

(2011.03.17)



どこに寄付をしたら、どこにお金が行くのか
↑こちらのサイトに詳しく掲載されています。
ご家族や知り合いの住む土地をメインに支援したいという時に参考になります。


(2011.04.02)
私的に、赤十字はちょっと疑わしかったのですが…やはり(その後の記事も参照のこと)
仕事も遅いようだし、そもそも非常に高い給料と維持費に…。

なので一般的に店頭などで寄付できないと思われる団体をトップで紹介しています。
| JustGiving Japan(Civic Force) | JEN | ADRA | Think the Earth基金 |

困ったことに、その他のほとんどの窓口からは(店頭の募金箱も)
日本赤十字に集約されるのです。
著名人の方々の莫大な寄付も赤十字へ…。
American Red Crossは信頼できるそうなのですが
こちらも日本赤十字に渡されたそう。

そろそろ1ヶ月経とうとしています。
必要なところへ迅速に届くことを強く願います。



よそ者が多くを語るのは批判もあるかもしれないけれど
日本のあらゆる事を考える時期なのかもしれませんね。



情報はいくらでも得られる時代なので
次世代のためにも考えることを止めてはいけないですね。
日本が良い方向に向かって行ければイイなぁ。



【追記】2011.04.01 現在。
事態はどんどん悪化しています。
あきらかに政府と東電のボロが出始めている。
(多くの人は初日からわかっていたけれど…)
世界中がそれを知っている。

実際に被災地のために戦力になっているのは
NPO・NGO団体や健全な一般企業です。

この震災を受けて、今後日本が変わらなかったら…
本当にもうどうしようもない。




京都大学原子炉実験所 小出裕章氏に聞く
(Ustream)




【追記】2011.05.11 現在。
震災から2ヶ月。大変な時期はまだまだ続きますね。
だけど怒りの時期は過ぎました。
もう対策本部とやらには期待しない事にします。
自分の身を守れるのは自分だけですからね。
できる対策・できることをやっていくだけですね。

身内の話をすると…
両親は私が独立後に福島県に住んでいたんです。
被害が大きい地域ではなかったのですが
家の中はリフォームが必要な程になってしまったそう。
当然、放射性物質の量も多めなわけで。
それでも重大視されていない地域なので
当然、被災地認定はされません。
そういう地域が多いことと思います。
両親は地元ではなく移住者でしたので
生活物資不足の頃に引越しをすすめました。
地元から離れられない人が多いでしょうから
いわゆる部外者は少ないほうが良さそうですしね。
引越しも終わり、ようやくまわりは落ち着いてきた感じです。

今後、これ以上事態が悪化しないように
同じような大きさの災害が起きないように祈るばかりです。




【東日本大地震・寄付できるサイト】

| JustGiving Japan(Civic Force) | JEN | ADRA | Think the Earth基金 |

| iTunes(日本語) | Google | Yahoo! | DMMクーポン | ニコニコ募金 |




【追記】2011.05.15 現在。

1~3号機メルトダウン。
最初の会見で認めていた保安員はその後見かけない…。
東電と政府が認めた時点ですでに大惨事。
日本はどこに向かっているのだろうか…。



記事の日付を震災の日時に変更しました。

関連記事

♦ タグ:
[2011/03/11] | ◆ Laniのリアル生活(?) | コメント(0) | トラックバック(0)   
<<Burger in Paradise | ホーム | ホットタブで食事…?>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |



いつも拍手&コメントありがとうございます♪  



copyright © 2010-2017 Lani Sims all rights reserved.