indexSims 4Blogger
アグネスの黒い過去【20】
- 事情聴取 -

Ag-op2.jpg

【コナー・フリオ】

プールには取材の帰りにたまたま立ち寄ってみたんです。
被害者の方と面識はありません。
アグネスさんとはハイスクールからの友人です。
はい、もちろん。エリークさんも。
旅先で事故に遭われたそうで…お気の毒です。

Line-2.gif


Ag-op1.jpg

【ソーントン・ウォルフ】

プールには偶然居合わせたんです。
ちょっと妻と口論してしまって…
気晴らしに泳ぎに行ったんです。
もちろん妻の事は愛していますよ。
子供の事も…守らなくてはいけない存在です。

Line-2.gif


Ag-Agnes87.jpg

【モーガナ・ウォルフ】

事故のことを聞いて大変驚いています。
ドクター・クラウンとは仲の良い同僚でした。
忘れられない出来事ですが
私達も前に進まなくては…。
はい。今回のことで夫の勇敢な一面を見る事ができました。

Line-2.gif


Ag-op4.jpg

【フリオ・ジュンタ】

ワタシ、コノ街、観光デ来マシタ。
プール飛ビ込ンダ、ケド
彼、助カラナカッタ…。

Line-2.gif


Ag-op3.jpg

【アグネス・クランプルボトム】

トラジックさんとは仲の良いお友達でした。
亡くなった主人の命日で…
たまたまプールを訪れたら、彼も来ていて…
久しぶりに楽しい時間を過ごしていた矢先の事でした。
はい。主人は数年前に旅先で…。
とても悲しい事故でした。

Line-2.gif


Ag-Agnes71.jpg

ハネムーン中の不幸な事故で結婚生活が終わってしまった時、
アグネス・クランプルボトムは
夫の名字に名前を変えてさえいませんでした。
彼女の性格はきつくなるばかりですし、
男性の訪問者があると夫の幽霊が追い払ってしまうので
もはや彼女の心と富を勝ち取ろうと努力できるのは…
よっぽど勇敢なシムだけです。

Ag-Agnes65.jpg


終わり


【出演】

アグネス・クランプルボトム(Agnes Crumplebottom)
エリーク・ダーリン(Erik Darling)

トラジック・クラウン(Tragic Clown)

コナー・フリオ(Connor Frio)
ソーントン・ウォルフ(Thornton Wolff)
モーガナ・ウォルフ(Morgana Wolff)

フリオ・ジュンタ(Furio Giunta)(ナポリのマフィア)


(ティーン時代)

ジャレド・フリオ(Jared Frio)
ハンク・ゴダード(Hank Goddard)
イクバル・アルビ(Iqbal Alvi)
タマラ・ドナー(Tamara Donner)
エマ・ハッチ(Emma Hatch)
ベッキー・ベイカー(Becky Baker)
ラニ・ヘヴンリー(Lani Heavenly)
ゼルダ・メイ(Zelda Mae)
ポーライン・ワン(Pauline Wan)

シルビオ(Silvio Dante)(フリオ家・父)
ガブリエラ(Gabriella Dante)(フリオ家・母)


(特別出演)

ジャン・リュック・ピバート(Jean Luc Pivert)(店員)

アラン・ワタナベ(Alan Watanabe)(フリオ・ジュンタの手先)

ユージーン・ハンター(Eugene Hunter)(取調べ警官)

他、サンセットバレーの皆さん



Line-2.gif

最終回は
「Lの世界」の事情聴取シーン風に

結局は謎のままって感じですかね
エリークの件もトラジックの件も
事故と言えば事故だし、事件と言えば事件。

水嫌いのトラジックは誤って溺れたのでしょうか…
果たして偶然居合わせた男性たちは
本当に救助をするつもりだったのでしょうか…

アグネスを思う一途なコナーの魔が差して
ナポリのフリオ・ジュンタに連絡を…?

妻の浮気を疑ったソーントンが嫉妬に駆られて…?

ブロンドの子供を産んでしまったモーガナが口封じに…?

トラジックはエリークの霊に追い払われたのか…?

そもそもアグネスが料理に入れていた薬は…?


結局は全員の思惑が偶然の一致で起こってしまった的な感じでしょうか


関連記事

♦ タグ:
[2010/07/25] | ・アグネスの黒い過去 | コメント(0) | トラックバック(0)   
<<JJ アーサイン | ホーム | アグネスの黒い過去【19】>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |



いつも拍手&コメントありがとうございます♪  



copyright © 2010-2017 Lani Sims all rights reserved.